資金的に無理のない家賃の賃貸を選ぶ

自分の給料に見合った賃貸を選ぼう

賃貸住宅を選ぶ際に一番気になるのは「家賃」ではないでしょうか。できれば駅から近くて、新築もしくは築浅の部屋に安い家賃で済むことが出来れば理想的です。ですが、新築や築浅を選びたいのであれば、家賃はどうしても割高になります。安い家賃で新築、もしくは築浅の賃貸に住みたいのであれば、部屋が狭いような物件やユニットバスの物件、駅から離れた場所にある物件であれば、比較的安く借りることも出来ます。住居費というのは人が生活するうえで一番大きな負担になるといわれています。そのため、豪華な賃貸物件に住んでしまうと、生活を圧迫することにもなりかねません。ですから、自分の給料に見合った部屋を選ぶことが大切になるのです。

中古や築古も視野に入れてみよう

資金的に無理のないような物件を選びたいのであれば、新築や築浅にこだわらずに「中古」や「築古」も視野に入れてはいかがでしょうか。築年数の経過した物件は古くて使いづらいイメージがあります。しかし、大家がきちんと修繕をしていれば、中には新築同然のこぎれいな物件も多くあります。築数十年経過していても、Wi-Fiが入っていたり、バストイレが別になっている物件はあります。古いからと言っても室内が綺麗に修繕されていたり、最新設備を完備していれば、借りる価値はあるでしょう。このような物件であれば、新築よりも安く借りることが出来ます。さらに、駅から離れた辺鄙な場所であれば、さらに安い家賃で借りることも出来るので視野に入れてみましょう。